水道代は家族数で料金が変わるだけ?実は地域によって全く違う!

水は生きていく上でなくてはならないものです。

飲み水だけではなく、お風呂やトイレ、キッチン、洗濯など水を使うシーンは生活の中でたくさんあります。

そこで気になるのが水道代です。

水道代は2か月に1回の請求ですが、季節ごとにも料金が違ってきます。

お風呂を沸かすことが多い冬場は料金が高くなる傾向があり、お風呂を沸かさなくても寒くない夏場はシャワーだけで済ませてしまうので安くなる傾向があります。

そして家族の人数によっても水道料金は違ってきますね。

そこで、まずは家族の人数によってどれくらい水道料金が違うのか違いを見ていきます。

そして水道代が最も変わってくるのが地域です。

実は水道代は地域によって全く違ってくるのです。

では、どの地域の水道代が高く、どの地域の水道代が安いのかをご紹介していきましょう。

<なぜ水道代は2か月に1回なの?>

水道光熱費というと、ガス代や電気代、水道代になりますが、ガス代や電気代は1か月に1回の請求なのに、なぜ水道代だけ2か月に1回の請求なのでしょうか。

これは、管理元の違いにあります。

ガス代や電気代は一般企業が管理していますが、水道代は自治体が管理しています。

そのため、できるだけコストを安く運営するために請求が2か月に1回しか来ないのです。

<家族の人数で見る水道代の平均料金はいくら?>

地域によっても水道代の違いが出てきますが、まずは家族人数で、どれくらい料金に差が出るのか平均料金を見てみましょう。

ただし、今からお話する金額は1か月あたりの水道料金です。

総務省で出されている月額水道料金の平均金額がありますので、それを参考にしてみました。

2人家族→4,222円

3人家族→5,326円

4人家族→5,978円

5人家族→7,173円

6人家族→9,002円

となっています。

これが、1か月分の平均金額ですから、水道代の請求額と比べる時は、この金額を2か月分の2倍にしてください。

いつも来ている水道料金と比べて平均金額より高ければ使い過ぎということがわかります。

ちなみに、家族でということだったので1人世帯(一人暮らし)の平均金額を省いていますが、1人暮らしの水道料金は2,000円ぐらいということでした。

こうしてみると、家族の人数が増えるにしたがって一人当たりの水道料金は下がっていることがわかります。

ですが、人数が増えることで水道料金も上がりますので、できるだけ節水したいですね。

<水道料金が地域によって違うのはなぜ?>

では、家族人数ごとの水道料金の違いはわかりましたが、冒頭でご説明した通り、地域によって水道料金が違うのはなぜなのでしょうか。

・水源が近いか遠いか

まず一つ目の水道料金の違いは、水源が近くにあるかないかということです。

水源が近くにあれば各家庭に水を供給するのもさほど難しいことではありませんので、大掛かりな施設を作る必要もありません。

そのため、水源が近い地域では水道料金が安くなり、水源が遠い地域は送水が難しくなるので水道料金が高くなるのです。

 

・水質が悪いと水道料金が高くなる

そして次に水道料金が高くなる理由は水質の悪さです。

水質が悪ければ、その水を安全に飲める水にしなくてはなりませんので、高度な浄水処理施設が必要になります。

そのため、コストが高くなり水道料金が高くなってしまうのです。

一方、水質がキレイな地域はそこまで高度な浄水処理施設は必要ありませんので、コストも低くて済み、水道料金も安くなるのです。

・人口の違い

そして最後に地域によって料金の差が出てくる理由は人口の違いです。

人口が少ないと、少ない人数で水道事業をまかなうわけですから、一人にかかる負担も大きくなります。

・寒冷地は水道料金が高くなる

これは、全ての地域というわけではありませんが、寒い地域では冬場に水道管の凍結を防ぐために寒冷地仕様にするなどコストがかかります。

そのため、水道料金が高くなってしまうのです。

<水道料金が高い地域と安い地域>

では、実際に水道料金が高い地域や安い地域はどこになるのでしょうか。

まず、水道料金が安い地域から見ていきましょう。

第一位 山梨県の富士河口湖町

第二位 兵庫県赤穂市

第三位 静岡県小山町

となっています。

山梨県の富士河口湖は河口湖がありますので水源が近く水質もキレイですし、兵庫県の赤穂市も水質がキレイで水源が近くにあります。

静岡県小山町も浜名湖がありますから、水道料金が安いのもうなずけます。

では、水道料金が高い地域はどこなのでしょうか。

第一位 群馬県長野原町

第二位 北海道羅臼領

第三位 北海道池田町

水道料金が高い地域はトップ10を北海道、青森、福島、宮城など東北地方が占めています。

この理由は人口と寒冷地ということが主に挙げられるでしょう。

まとめ

水道料金が高い地域は水質に注意

水道料金の違いで水質の事が挙げられましたが、水質の違いは肌や健康面でも現れてきます。

日本の水は世界で一番安全だと言われていますが、さすがに水質が悪い地域ではお風呂に入るとかゆくなったり、ヒリヒリするという人もいます。

敏感肌の人で肌荒れがなかなか治らない人は水質が原因かもしれません。

こういう時は、水道水に含まれている残留塩素やトリハロメタンなど有害物質を除去できるシャワーヘッド、浄水器などを使って水質を良くして使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク