家族数別に見る食費の平均金額はどれくらい?

家計の中で一番大きなウェイトを占めるのが食費ではないでしょうか。

家賃と答える方もいらっしゃるかと思いますが、家族数が増えると食費も増えていきます。

今は家賃が大きなウェイトを占めていても、いずれ食費一番大きなウェイトになる可能性も出てきます。

ですが、自分が毎月使っている食費は平均より多いのか少ないのかがわからないと節約することもできません。

そこで、家族数別で見る食費の平均金額をお話していきましょう。

<家族人数別の食費の平均金額(月額)>

食費がどれくらいかかっているかの目安として、総務省統計局が出しているデータがありますので、食費のデータを見てみましょう。

〇家族人数別の食費(外食費や酒類代を除きます)

単身世帯→平均金額 26,425円/月額

2人世帯→平均金額 41,425円/月額

3人世帯→平均金額 56,425円/月額

4人世帯→平均金額 71,425円/月額

5人世帯→平均金額 86,425円/月額

となっています。

自分の世帯人数の金額と比べてみてどうでしょうか。

下回っていれば食費をうまく節約できていますし、オーバーしていると食費で使い過ぎという事になります。

<エンゲル係数25%を超えると使い過ぎ|食費>

食費が自分の家でどれくらいの割合を占めているのかがわかるのがエンゲル係数ですが、このエンゲル係数が高すぎると食費でお金を使いすぎていることになります。

先程、平均金額をご説明しましたので、それを目安にしても良いのですが、エンゲル係数を把握していれば、すぐにお金の使い過ぎか、そうでないかがわかります。

エンゲル係数は「出費額のうち食費にいくら使ったか」がわかる計算式で、現在は25%という値が総務省推奨のエンゲル係数となっています。

終戦直後のエンゲル係数は60%というとても高い数値でしたが、経済発展と共にエンゲル係数は低くなってきており、2005年には一時期22.9%まで落ちました。

ですが、物価も上昇してきていますので、今のエンゲル係数は25%が推奨値となっていますので、25%を基準に毎月計算してみましょう。

エンゲル係数は世帯人数に関係なく25%が標準値となっていますので、計算方法から割り出された数値が25%を超えているかどうかというところで判断しましょう。

では、エンゲル係数の計算方法をご説明します。

エンゲル係数の計算方法はとても簡単で、「食費÷消費支出額×100=エンゲル係数(%)」で求めることができます。

この計算で出た数値が25%以上なら食費を節約する必要がありますし、25%以内であれば食費をうまく節約できていることになります。

<毎日の食費を決めて食材を購入すると節約になる>

食費を節約する方法はたくさんあります。

「おつとめ品を買う」「食べ物が腐らないように冷凍しておく」「外食を減らし、できるだけ自炊にする」「食費専用の財布を作る」「外食費やお酒類の費用は別会計にし、毎月どれくらい必要なのかを割り出し、その範囲内で治まるようにする」「買い物に出た時に安い食材を購入してからメニューを考える」「買い物はできるだけカートを使わず一人で行く」「特売日を見逃さない」「総菜類は一気に作り、その他のものは作りすぎて捨てないようにする」「購入した材料は使い切る」「冷凍食品など長持ちする食材は安い時に買いだめしておく」

など、言いだすと切りがないくらいありますが、これらを全て取り入れるとわけがわからなくなってしまいます。

そこで、食費の節約で一番大切なことをお話しておきましょう。

それは、「1日に使う食費を決めておき、毎日食材を買いに行かない」ということです。

先程お話した目安となる金額は外食費と酒類の費用が含まれていませんので、純粋な食費のみの金額です。

つまり、自分の世帯人数の金額を日数で割ると1日分の食費が出てきます。

出てきた1日分の食費を元に買い物をすると使いすぎることもありません。

できれば毎日買い物に行くのではなく、3日~1週間分くらいの食材を一気に購入すると

使い過ぎを防ぐことができます。

毎日買い物にでかけてしまうと、必要ないものまで購入してしまうこともあります。

ですので、できれば買いだめしておいた方が無駄使いを防げるのです。

ただし、お肉などは冷凍できますが野菜類は冷凍できないので腐りやすいから1週間分は無理ということであれば野菜だけは2~3日に1度購入するようにし、野菜に使う費用だけを別によけておくようにしましょう。

また、何を食べたいかで食材を決めるのではなく、その時の安い食材を使って料理する献立を考えると、食材を多めに購入できますし余らせることなく使い切ることができますので、献立メインではなく、安い食材メインで購入していくと良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク