仮想通貨における「マイニング」について

今回の記事では、ビットコインその他の全般的な仮想通貨の採掘作業である「マイニング」に関しての内容について触れています。

本人自身だけの力で行うソロマイニング、信頼出来る専門業者が運営をしているシステムを用いて行うクラウドマイニング、幾人かの他の参加者ユーザーのみなさんと一緒になって行うプールマイニングの3つの形が、実践的なものであり、大抵の方であればある程度の様々なリスクがあっても、安全かつ自分なりの利用が可能なものですので、これらの各種マイニングにスポットを当てているような記述になっています。

1.マイニングの基本的な内容を理解しておく事

そもそも、電子署名やブロックチェーンなどをはじめとする暗号技術の上で成立している、国家や特定の社会的諸勢力などが設定をした価値による保証などが無いので、それらによる干渉なども無い、自由さに育む電子的な仕様の通貨の事を「仮想通貨」と言います。

先程の冒頭文部分でも話したように、その仮想通貨を採掘をしていく事を「マイニング」と言いますが、その採掘のやり方自体に特徴がある感じがします。

それ自体は関数などを用いて、膨大な内容の計算作業を行っていくスタイルであり、それで仮想通貨自体の新規の発行と取引の承認の2つが、やはり大きなポイントであり特徴です。

仮想通貨の発行自体は、その作業が成功をした方に対しては、その報酬が新規発行の仮想通貨で支払いがなされるようになっています。

もちろん、マイニングが無事に成功した場合のみで支払いが行われるようなシステムの設定がしてあります。

そして、マイニングがなされる事によって、仮想通貨の取引が承認をされるという意味があります。

「誰々から誰々へ、何円分(何BTC)のビットコインが売買されました。」という取引き内容そのものが改ざんをされたりしないようにしていくための作業システムですので、こうした面でも採掘時においての無事な完了がなされたりしていく意義が大いにあります。

2.マイニングとハッシュ関数との関係性

仮想通貨そのものは1.のところでも話したように、それぞれのブロックチェーンから出来ている構造になっていますが、実はマイニング自体は、ブロック・その前のブロック・ナンス(ブロック生成をしていくための採掘者<マイナー:マイニングを行う本人の事>によろり生成させる32Bitの数値)からなり、それ自体が一定の値より小さい事がマイニングのナンスのあるべき条件と言えます。

例えば、ブロック分のハッシュ関数をLp・その前のブロック分のハッシュ関数をMp・ナンスをNp・全体的なハッシュ関数をOとして、一定値をRとするとマイナーの方本人の条件が関わってきますので、それを今話したpの値とします。

すると、次のような不等式が、最もマイニングに適した形として導く事が可能になります。

O(Lp:Mp:Np)<R

こうしたブロックチェーンでの環境下の場合には、改ざん者の方が改ざんをしたりした場合には、Npの値などもN’pという全く別な値になります。

これはつまり、pの部分もそのまま丸ごと変わる意味もあり、同数式の左側にあるカッコ内の数値そのものが全く別物になり、改ざん者本人が使う事が出来なくなる構造になっています。

そして実際に、改ざんしたそのブロックチェーン自体を正当に使えるように更なる工作をしていく形になりますが、それでも左側のカッコ内以降の数値を計算しながら作成していかなければならなくなります。

しかし、その作業自体が果てしない形のものになりますので、次のような数式になり、改ざん者側にとってもキリが無くなります。

O(Lp:Mp:Np)(L’p:Mp:Np)(L’p:Mp:N’p)(L₍p₊₁₎:M₍p₊₁₎:Np₍p₊₁₎)…

つまり、このように「改ざんが出来なくなる」という大きなメリットがある事になりますので、Rの一定値よりも低いハッシュ関数の数式からなるマイニングをしていく事には大きな意味があります。

3.冒頭文部分でも述べた、3つのマイニング方法が何故お勧めかについて

クラウドマイニング・プールマイニング・ソロマイニングの3つが多くの方に利用されていて、実際にも一私人で利用がし易いといった点について、少しだけ冒頭部分で触れました。

クラウドマイニングでは悪質な業者にお金を騙し取られる可能性がある、グループマイニングでは高額な収益が見込めない上に機材類の調達・組み立てが必要、ソロマイニングでは自分で専門の機材類の組み立てや設定を行う際の危険性や収益面での不安定さがある、などといった課題が各々あります。

それでもそれらの形でのマイニングに取り掛かれる基礎条件を、一私人単位でも用意をしていく事が可能であるという点で、大変メリットがあるところは間違いがありません。

特にそれらの中でも、ソロマイニングでの場合、多くのPC端末本体で採用をされたりしているCPUやそれと同じような演算装置でもマイニングが可能なBit Zenyやモネロの通貨類などは大変稀少性が高いところがあります。

その分だけに、マイニング作業を無事に完了させる事が出来た場合には、その対価として提供されるそれらのオリジナル通貨類の最小単位も中々高額ですので、可能な場合にはやってみる価値は大いにあると考えられます。

<まとめ>

今回の記事では、仮想通貨におけるマイニングについての全般的な概要について、一通り触れたような形になります。

ハッシュ関数を基本にしたマイニングにおける仮想通貨の新規発行とその取引の承認、クラウドマイニング・プールマイニング・ソロマイニングの3種類からなる、一私人でも可能なマイニングの方法やそれらの概要、それらの中でも特に扱うマイニング用の通貨類の価値の高さ、主にそれらの概要という形の内容ですが、マイニング用の入門記事としても今回の記事は、大いに読まれていくという点では大変お勧めなところがあります。

そうした今回の記事を通じて、更に各種HPや専門家・ユーザーの方が書いておられるマイニング関連のブログやSNS等の記事などを観ながら、ご自身なりのマイニングのスタイルの関しての検討をしたりしていく事がやはり、それ自体を完了させていく上でも、とてもベストです。

スポンサーリンク

コメント

  1. tarifabox より:

    ありがとうございました^^http://viagraoqwi.com/