国民健康保険に加入が必要な時と加入手続きに必要な書類

国民健康保険はお住まいの市区町村が運営していますので、市区町村の役場で加入手続きを行うことができます。

国民健康保険は加入手続きをしないと保険証が発行されませんので、必ず手続きが必要です。

では、国民健康保険に加入が必要な時と、加入に必要な書類などを調べてみましたので

ご紹介していきましょう。

<国民健康保険に加入する時と必要書類>

・退職した時

会社を退職すると社会保険ではなくなり、次の転職先が決まるまでは国民健康保険になります。

ただし、社会保険を2年間継続できる任意保険という手段もあります。

今回は、国民健康保険に切り替える時に必要な書類を記載しておきます。

 〇社会保険の資格喪失証明書(会社からもらえます)

 〇年金証書(こては、退職者医療制度の対象となる人だけです)

・他の市区町村から引越ししてきた時

他県や他市など、他の市区町村から引っ越ししてきて、今の市区町村に転入した場合、

現在住んでいる市区町村の国民健康保険に加入する必要があります。

この時に必要な書類は

〇転出証明書

になりますので、転入届を出す時に一緒に国民健康保険の加入手続きもしてしまうと

2度も役所へ行かずに手続きができます。

・子供が生まれた時

今の家族に加えて、新しく家族ができた時は、その子供の国民健康保険に加入しなければなりません。

その時に必要な書類は、

〇母子健康手帳

 〇印鑑

 〇健康保険証

 〇世帯主の口座番号がわかるもの(通帳やキャッシュカード)

が必要です。

ただし、子供が生まれた時は、出生届を出しに行った時に一緒に国民健康保険と乳児医療の手続きを行うようになっていますので、出生届を出して、別の日に国民健康保険の加入手続きを行う必要はありません。

・生活保護の受給を辞めた時

生活保護世帯は医療費が無料なので国民健康保険に加入する必要はないのですが、

生活保護の受給を辞めた時は、国民健康保険に加入しなければなりません。

その時に必要となるのが、

 〇保護廃止決定通知書

になります。

・外国人が国民健康保険に加入する時

外国から日本に来て国民健康保険に加入したいという場合は、

〇外国人登録証明書

が必要になります。

<その他、国民健康保険に届け出が必要な時>

では、加入手続きの他に、次のようなことが起こった場合は国民健康保険に届け出が

必要ですので、ご紹介しておきましょう。

・住所や氏名、世帯主が変わった時

結婚して苗字が変わった、世帯主が変わったなど、家の中の状況が変わった時は

国民健康保険に届け出が必要となります。

このような場合に必要な書類は

〇現在持っている健康保険証

が必要になります。

ただし、世帯主が変わった時は世帯全員の健康保険証が必要になります。

・修学目的で住所が違うところになる時

学生が実家より遠方の学校に通うため、住所が変わってしまう場合は、単に転入、転出の届け出だけではなく、「修学目的」というところで必要書類が変わってきます。

修学目的で住所が変わる場合は、

〇現在持っている健康保険証

 〇在学証明書

が必要になります。

・長期旅行などが理由で保険証が別に必要になった時

旅行が長期に渡る場合、長期旅行のための国民健康保険に加入していなければ今の国民健康保険では自己負担額が増えてしまいます。

長期旅行のための国民健康保険に加入するには

 〇現在持っている健康保険証

が必要になります。

・退職者医療制度に該当した時と該当しなくなった時

退職者医療制度に該当する時や該当しなくなった時も国民健康保険の手続きが必要です。

該当した時に必要な書類は

〇健康保険証

 〇年金証書

が必要です。

該当しなくなった時は

〇健康保険証のみでかまいません。

・保険証を紛失した、汚れて見えなくなった、使えなくなった時

これは基本ですが、保険証を紛失したり、汚れで使えない場合も届け出が必要です。

汚れで使えないというのは見えなくなった時と考えて良いでしょう。

また、破損して見えない場合も同様です。

引越しをした時や財布を新しく新調した時などは、紛失することがありますので、

国民健康保険証の取り扱いには注意しましょう。

保険証は身分証明書変わりになりますから、もし紛失した場合は、気づいたらできるだけ早く役所へ届け出ましょう。

まとめ

これまでお話してきたようなことが起こった場合、必ず14日以内に手続きや届け出を

行いましょう。

手続きに必要なものとして、本人確認書類は必要になります。

免許証やパスポートなど身分を証明できるものを持参しましょう。

もし、本人が平日に役所に行けない場合は代理の人が行くことになりますが、その場合は

「代理人が行きますよ」ということで本人が書いた委任状が必要になります。

あとは、印鑑が必要になることが多いので、印鑑も持参していくと良いでしょう。

必要書類は記載していますが、お住まいの市区町村によっては他の書類が必要になることもありますし、不要な場合もあります。

念のため、お住まいの市区町村に持参するものを確認してから手続きに行く方がよいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Just wish to say your article is as surprising. The clarity for
    your publish is just excellent and that i could think you’re an expert on this subject.
    Well along with your permission allow me to grab your feed to stay updated with imminent post.
    Thanks 1,000,000 and please keep up the enjoyable work.