仮想通貨取引における現物取引とレバレッジ取引・決済との違い

今回の記事では、仮想通貨取引の際においての、現物取引とレバレッジ取引・決済とのそれぞれ各々の違いについて触れた内容の記述がされています。

特に今回の記事においては、現在私が実際に利用をしている国内通貨取引所の1つである「BIT Point」のケースでの話をベースにしながら、タイトル名でのテーマについて書いてありますので、実際にFXのみをされている方、仮想通貨の現物取引のみをされたりしている方などには、中々お勧めです。

特に、今まで仮想通貨取引のみをされてきた方の場合には、レバレッジに関しての基本的な内容を理解していく上で、またとない機会でもあります。

この機会にこの記事を読まれていけば、新たなチャンスに恵まれる可能性が大いにあります。

1.現物取引とレバレッジ取引との、大きな違いについて

まずは現物取引に関してですが、今ここの1.段落の前に私が掲示をさせて頂いた写真にもあるような、仮想通貨そのものを現時点での相場でそのまま売買をしていく取引きそのものの事を指します。

そのため、取引き自体の指標そのものが、現時点においての時価相場の値動きで利用者ユーザーの方自身が判断をしていく形のものですので、元本割れなどがあったりしてもその値動きの範囲内で収まり、評価損益額でのマイナス値も少額ずつの売買を繰り返しながら減らしていけますので、損失も最小限で済みます。

これに対して、レバレッジ取引は、ある一定の倍率からなる設定がなされたテコ(レバレッジ)の原理を用いて、その環境下で取引きをして、収益を確保をしていく形のシステムです。

現在、私が利用しているBIT Pointのところの場合では、2倍と5倍、10倍、25倍というレバレッジの倍率設定がなされているような仕様になっていますが、これに基付いて仮想通貨取引をしていくという取引きの形になりますので、不調な場合にはそれだけに損失を被る可能性がある分、その反面、好調な状況の場合にはその分、多くの収益を得ていける可能性があります。

こうした両者の大きな違いがありますが、基本的に仮想通貨を用いて、それの売買をしていく事には変わりがありません。

そして、レバレッジ取引での場合には、現物取引の場合みたいに、評価損益額でのマイナス値を少額売買で減らしていく事などが出来ませんので、この点にも注意をしておく必要があります。

2.レバレッジでの、取引と決済との違いについて

実は私が利用をしているBIT Pointのところでは、今の1.で話した現物取引とレバレッジ取引のシステムに加えて、レバレッジ決済(ビットポイントFX)のシステムなどが設置されています。

これ自体は一見すると、1.の段落で話したレバレッジ取引と同じように見えますが、実はFX取引(決済)になり、それとは全く異なります。

同取引きでは必要だった建玉管理料に代わり、こちらではそこの取引所が扱う通貨類分のスワップ手数料の支払いが発生するような仕様になっています。

まずはこうした料金的な面で、明確な違いがあります。

私のところのBIT Pointのところのケースで言うと、レバレッジ取引の場合ではビットコインの円のみであり、ビットポイントFXではビットコインの円・ドル・香港ドル・ユーロの4つを扱うような形なため、今のような料金関連面での違いがある状態です。

ただ、BIT Pointではこのようにビットコイン関連での通貨しか扱っていない仕様になっていますので、アルトコインでのレバレッジ決済をされたい方は、DMM Bitcoinでやっていますので、これを利用していく形があります。

3.レバレッジ取引と決済とでは、どちらが収益面での大きさがあるのか

さて、今度はレバレッジ取引と決済のどちらの方が収益面での大きさの比重があるかについて、こちらの段落で触れてみます。

基本的にどちらもレバレッジ仕様環境のシステムですので、一見すると、あまり変わらないような実態があるようにも思えます。

しかし、私が実際に扱っているBIT Pointでの様子からすると、1BTC(円)分で20万円のものを購入した場合、現物では10万円になつてから売却するとマイナス10万円の損失が出る事になりますが、レバレッジ取引ではその1BTCが下落すると予想をしてショートポジションを採っておき、それからその1BTC分が10万円分に下落してから購入をして決済をした場合には、10万円分の収益(利益)になる事になります。

一方、今度はレバレッジ決済であるFXでの取引きになると、同じようなショートポジションの設定をした上で下落時に決済をした場合には、10万円分の収益分に加えて更に、手数料分の利益なども入りますので、そうした面では決済の方が、取引きの場合よりも大きくなる面が、やはりあります。

ただし、この場合は私が現在利用しているBIT Pointでの話になりますので、アルトコインを母体にしているDMM Bitcoinでは、また異なる動きなども報告をされたりしています。そうした事情から、確実性のある事は言えない現状もあるところです。

今回の記事内容を踏まえた結論

今回の記事内容では、1.から3.までの段落の内容を踏まえた上で、仮想通貨取引においての現物取引とレバレッジ取引・決済、各々の違いに関して触れたような形になります。

現在のところ、私が実際に利用をしているビットコインをベースにしたBIT Point、ライトコインでのレバレッジ取引と決済FX決済が可能なDMM Bitcoin、それら以外では、ビットバンク・Zaifなどが、中々お勧めな現物取引とレバレッジ取引・決済の取引所として挙げられます。

また、モバイル端末用のアプリなどからの操作の面でも優れているところがそれらにはありますので、レバレッジ取引・決済の面でも効率よく利用をしていけるといった点で、大いに評価も高く、大変お勧めです。

スポンサーリンク

コメント

  1. mundoriver より:

    検証ありがとうございましたhttp://boxermath.com/