ふるさと納税関連の各種サービスについて

現在の2018年11月半ばである時点においては、ふるさと納税関連の各種サービスとしては、ふるさとチョイス・さとふる・楽天ふるさと納税・ふるなび・ふるぽその他、実に様々なふるさと納税に関しての、ネット上での、各種サービスがあるような状態です。

基本的に、ふるさと納税自体は、寄附の形態による納税制度といったものですので、以上の挙げた、各種サービスの選択をしていく上では、決済方法の面で対応をしている自治体や寄附金額の各設定段階毎でのあり方を、よく確かめながら、ご検討をしていく形がとても、大切です。

そうした面で、今回の記事を読まれていくことは、とても最適と言えますので、大変お勧めな、ふるさと納税に関しての内容概説としての記述でもあります。

1.その、ふるさと納税サービス自体が、一体どのような仕組みや内容であるかを、よく理解をする事

これ自体は、ふるさと納税への寄附を行う前に、一番最初においてやる事の1つでもありますが、直接、そのふるさと納税制度をやっている自治体自体が、自ら窓口とかにおいての受付をやっていない場合に、先程の冒頭文内でも幾つか挙げた、ふるさと納税関連の各種サービスのうち、そこの自治体と提携をしている何れかのところを選択して、利用お申し込みをしていくというような形になる事が多いと考えられます。

また、それらの何れかの、各種サービス事業者と自治体とが最初から提携をしている際に、両方の機関の窓口からや、やオンライン・コーナーなどへのお申し込みが可能になっているようなシステムの場合、それらからお申し込みの時点での選択をしていくという形になります。

今、話したような基本的な、ふるさと納税関連の各種サービスに関しての情報を調べていく上で、それらの如何に関しての仕組みや内容について、入念に調べて理解をしておく事が、一番最初に行うべき事と言えます。

2.自治体によっては、オンライン決済が出来ないところもあるので注意

先程の1.のところでも話した、ふるさと納税関連の各種サービスとも提携をせずに、何らかの理由で、インターネット環境などでのオンラインシステムの導入をしたりしていない自治体とかがやっている、ふるさと納税制度なども存在しています。

こうしたところの場合、そこの窓口や提携金融機関などの発行による払込票で、現金支払いという形であるところが少なくはありません。

そうした自治体の場合、基本的な決済方法自体が現金支払いのみですので、クレジットカードやデビットカード、Paypalその他の、インターネット媒体でのオンライン決済が出来ません。

この点に特に、注意をする事が大切です。

また、インターネットでのオンライン決済が可能なところではあっても、決済提携事業者を特定のところとのみ、指定をしているところもあったりしますので、そうした場合でも、事前の情報確認を確実にやっておく必要性があります。

3.どのような、ふるさと納税をしていくかによって、利用していく納税サービスを考えていく

納税サービス事業者の中でも特に、最大の提携自治体や返礼品の数を有しているのが「ふるさとチョイス」になります。

確かにここは、今話したように規模が大きな納税サービスではありますが、必ずしも、誰にも合うニーズである内容のところであるとは限りません。

実際に、先程の2.のところでも話したように、クレジットやデビットなどのカード・オンラインでの決済システムが利用出来ないところなどが、提携がなされたりしていない場合などもあったりします。

そうした面を考えたりすると、必ずしも今話したふるさとチョイスをはじめとして、幾つかのサービスが利用できない事態もあり得ます。

このように、実際にご自身が利用をされていく、あるいはしたい、ふるさと納税をしていくかによって、利用をしていく納税サービス事業者を考えたりしていく事が、とても大切です。

4.お勧めである、納税サービス事業者

今の3.で話した、ふるさとチョイスをはじめとして、今のところとしては、楽天ふるさと納税、ふるぽ、それらの3つがお勧めなような感じです。

それらの3者の納税サービスのご利用がお勧めなところは、やはり、他の各種サービスのところと比べると、中々充実したところが少なくはありません。

今から、これらの3つに関しての特徴について、話していきます。

1つ目は、ふるさとチョイスについてですが、今まで話してきたように、提携自治体と返礼品に関しての最大の数を抱えている上に、その場でのオンライン仕様の決済がなされ、返礼品の選択をしていけるようになっていますので、そうした点がとてもありがたいと言えます。

2つ目は、楽天ふるさと納税ですが、これが実は、楽天会員であれば、楽天ポイントでの寄附による納税も出来るようになっていますので、そうした点で、現金を使いたくない納税という面でも大いに、利用価値があるメリットがあります。

そして、納税をした分の楽天ポイントが更に付いたりしますので、本当にイイ事ずくめです。

3つ目は、あの老舗の旅行会社の1つでもあるJTB社が運営をしている、ふるさと納税サービスの1つである、テレビCMでもおなじみの、ふるぽになります。

こちらのサービスでは、なんと、お申し込み手続き前での段階で、控除額シミュレーターを使い、自己負担額が2千円以上に限り、住民税や所得税の控除対象となる事が分かりますので、控除分の目安が分かる点が、とても便利な仕様になっています。

その上、ふるぽでのポイントが付きますので、それを次回での納税分に利用が可能な点もありがたいところです。

<まとめ>

以上が、ふるさと納税における、各種サービスについての内容になりますが、本当にどのサービスもとても個々の特徴があり、如何に正確に、事前にそれらの仕組みや構造などに関しての情報把握をしておくかが、とても大切です。

一見すると、中々多機能で、かつ、便利な納税サービスに見えるような感じもしますが、実際に情報確認を慎重にしてみると、決してそうでは無い実態がありますので、この点をしっかりと留意をしておく事が、大変重要と言えます。

スポンサーリンク