国民健康保険の保険料の平均はいくらくらい?こんなに高いの?

国民健康保険の保険料を見て「高くない?!」とびっくりする人もいるでしょう。

毎年、国民健康保険の保険料は見直されるので変動しますが、国民健康保険料は資産や

所得、地域などによって変わってきます。

また、年齢によって介護保険料や後期高齢者支援金分保険料などが加算されますので、

これらが原因で保険料が上がっている可能性もあります。

<国民健康保険が高いのはなぜ?>

日本国民の場合、保険料を支払うのは「国民健康保険」か「社会保険」になります。

社会保険は、企業に雇用されて会社員として働いている人が支払っている保険料ですが、

それ以外の自営業や経営者、または定年退職などで仕事をしていない人などは国民健康保険になります。

会社員として働いていた経験がある人の場合、社会保険料と国民健康保険料を比べると国民健康保険の方が高いと感じるのではないでしょうか。

その理由は、社会保険は会社側と従業員で社会保険料金を半分ずつ負担しているからなのです。

つまり、社会保険料が20,000円の場合、会社が10,000円、従業員が10,000を支払います。

支払うと言っても、ほとんどの場合が給料天引きになりますので支払っている感覚はない

かもしれませんね。

ですが、国民健康保険の場合は加入者が全額負担します。

先程の例を取ると、保険料が20,000円の場合、国民健康保険は全額自己負担になりますので20,000円を支払うことになります。

そのため、国民健康保険はどうしても高くなってしまうのです。

 

<なぜ所得が低いのに保険料が高いのか>

年収が300万円前後なのに、年間の国民健康保険料が50万円になっているという人が

います。

年間50万円ということは月にして約42,000円を支払うことになるのです。

これはかなり大きな支出ですね。

では、なぜ所得が低いのにこれだけ負担が大きくなってしまうのでしょうか。

実は、国民健康保険を支えている4割が低所得者や無職層なのです。

低所得者と言っても、年収300万円は国民健康保険の負担者の中では低所得者に入りません。

年収300万円あれば、国民健康保険全加入者の上位2割に入ります。

それほど、国民健康保険を支えている所得者が低所得なのです。

低所得者や無職層が4割で、そのほかはどうなっているのかと言いますと、個人事業主や農林水産業者、もしくは扶養家族が支えている状態になります。

ですので、国民健康保険の加入者の所得を調べると平均所得がなんと1人あたり約90万円

となっています。

年収でこの金額ですから、かなりの低所得です。

世帯平均を見ても約160万円ですから、年収300万円もあれば国民健康保険加入者の中では高い方の所得になってしまうことがお分かりいただけると思います。

ただ、低所得者が保険料を負担するのは厳しいので、中層所得者以上に負担が回ってきてしまいます。

年収250万円でも中層所得者ですから、国民健康保険に加入している人たちはかなりの低所得だと言えるでしょう。

そのため、年収300万円でも毎月約42,000円という大きな負担になってしまうのです。

ですが、減免措置や軽減措置がありますので、受けられるのであれば申請しましょう。

<国民健康保険は上限がある>

国民健康保険は割高で、低所得でも高い保険料払わされてると、良いところがないように思うかもしれませんが、所得がたかくなればなるほど得することも出てきます。

国民健康保険料には上限があり、ある一定の所得に到達すると、それ以上保険料が上がらなくなっています。

保険料の上限のラインは年収850万円前後です。

年収850万円前後ですと、所得金額が645万円ほどになります。

この場合の国民健康保険料の目安は年間約69万円(平成29年度分のある地域での目安です/介護保険料を除く)ですから月に支払う金額の目安は、この地域では57,500円ほどになります。

この金額は世帯数と関係なく、どの世帯数でも同じです(平成29年度分に限る)

ただ、あくまでも目安ですので、必ずこの金額とは限りませんが、近い金額でしょう。

これ以上の所得になっても保険料は上がりませんので、年収が1,000万円になっても2,000万円になっても国民健康保険料は上がらないのです。

こうなると所得に対しての負担割合が減っていきますから支払いもとても楽になりますが、

年収をここまで上げるには個人事業主くらいしかいないでしょう。

個人事業主のように超高所得者からすると国民健康保険は一番安い保険になります。

<国民健康保険を少しでも軽くするには?>

国民健康保険は年収250万円、300万円という低所得者でも高額負担になっています。

しかし、高額すぎて負担できないこともでてくるでしょう。

そうならないっために、所得税を減らす節税方歩うとしてきちんと確定申告をして所得金額が大きくなりすぎないようにしなければなりせん。

国民健康保険の保険料を見て「高くない?!」とびっくりする人もいるでしょう。

毎年、国民健康保険の保険料は見直されるので変動しますが、国民健康保険料は資産や

所得などによって変わってきます。

また、年齢によって介護保険料や後期高齢者支援金分保険料などが加算されますので、

これらが原因で保険料が上がっている可能性もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク