小銭貯金を確実に貯めるコツ~小銭貯金で一番貯まる方法~

小銭貯金をしている人は多いと思いますが、小銭貯金には色々あります。

500円玉貯金、100円玉貯金、1円貯金、5円貯金など、すべての小銭に「貯金」という言葉が付くほどたくさんあります。

ですが、これらの方法は意外と長続きしないのです。

その理由と、これらの方法以外の効果的な小銭貯金をご紹介しましょう。

<500円玉貯金など、それぞれの硬貨の貯金は長続きしない>

500円玉貯金や、100円玉貯金などの、一定の硬貨を使った貯金が貯まりにくいのは、その硬貨を確保する必要があるからです。

100円玉や10円玉など、比較的財布に残りやすい硬貨は、まだ貯めやすいのですが、500円玉や50円玉などは財布に残る確率が低いので、その硬貨を確保すること自体大変なのです。

ですので、毎日貯金しようとしても、なかなか500円玉や50円玉が残らないため、そのうち「今日はいいか」と貯金しない日が出てきます。

これを繰り返していると、いつの間にか貯金しなくなり、いつまでたっても貯金ができないのです。

実際、500円玉を貯金していくと貯金箱が満タンになると50万円貯まるというような貯金箱がありますが、このような貯金箱を満タンにしている人は、ほとんど見られません。

また、500円玉の場合、毎日貯金すると1カ月で15,000円の貯金になり、金額は大きいのですが、その分家計の負担額も増えています。

無理な貯金は貯まらない原因になりますので、500円玉貯金が一番貯まりにくいと言えるでしょう。

<一番貯まりやすいの小銭貯金とは>

では、小銭貯金で一番貯まりやすい方法とはどのような方法なのでしょうか。

それぞれの硬貨での貯金が貯まりにくいとなれば、小銭貯金ができないと思われるかもしれませんが、一番貯まりやすい方法は「毎日残った小銭を全て貯金する」という方法です。

この方法であれば、その日に残った小銭を貯金しますので金額が多い日もあれば少ない日もあります。

また、硬貨を残そうとしなくても、財布に残っている小銭を貯金すればよいので、貯金に対するストレスもなくなります。

1日の終わりに財布にある小銭を貯金するだけですので、毎日楽しみながら小銭貯金ができます。

<小銭貯金の方法>

小銭貯金の方法ですが、財布に残った小銭を毎日貯金すればよいと思われているのではないでしょうか。

実は、小銭貯金がうまくいく方法に、どんな貯金箱を使っているのかで違ってきます。

まず、中身の見えない缶や木製でできた貯金箱は、目に見えてお金が溜まっていく様子が見えないのでモチベーションが上がりにくいのです。

ですので、できれば空き瓶やプラスチック容器など、中身が見えるものが良いでしょう。

容器は貯金箱でなくても、ジャムの空き瓶のようなものでかまいません。

貯金箱の蓋にお金を入れる場所がない場合は作りましょう。

ただし、ビンやプラスチック容器の蓋がいつでも開閉できるようにしていては、なかなか貯金できません。

ですので、蓋にお金を入れるための穴をあけたら、蓋が空かないようにします。

蓋が空かないようになれば良いので、方法は色々ありますが、一番良いのは接着剤を蓋の回し口に塗り、蓋を閉めてしまえば開かなくなります。

念のため、蓋の周りを強力なテープなどで留めると良いでしょう。

こうしておけば、溜まってきたからと貯金箱を開けることもありませんからお金も溜まりやすくなります。

貯金箱が満タンになった時は、缶切りであけるなど、ビンを割らないように注意しましょう。

貯金箱が殺風景でだという人は、自分で貯金箱にアレンジするとかわいくなり、毎日溜めるのが楽しくなるのではないでしょうか。

空き瓶やプラスチック容器は、あまり小さいものだと、毎日残った小銭を入れるため、すぐに小銭でいっぱいになってしまいます。

容器は小さすぎないようにし、自分がこれくらい貯めたら銀行へ持っていきたいと思う大きさにしましょう。

あとは、その日に財布に残った小銭を全部、貯金箱に入れていきます。

貯金箱が満タンになった時に、ゆうちょ銀行を使うと口座入金であれば手数料無料で入金できますので、せっかく貯めた小銭を減らすこともありません。

ゆうちょ銀行の口座がある人は、貯金箱が満タンになったら、ゆうちょ銀行の窓口に行き、入金してもらいましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク