仮想通貨「aelf」に関しての概要について

今回の記事では、現在中国本土に本拠地を置く開発者により作られた海外仮想通貨の1種類である「aelf(エルフ)」に関しての全般的な概要の記述がしてあります。

1ELFあたり、約75円台から80円台前後といった最小通貨相場ですが、ある一定の条件を公式サイト上においてクリアをすれば無償提供がなされたりする『エアドロップ』サービスなどもありますので、初めて海外仮想通貨類や草コインなどを扱いたい方にはお勧めな通貨類です。

そうしたaelfに関しての概要記述の内容になっていますので、ご一読をしていく価値は大いにあります。

1. aelfという通貨そのものの仕組み

中国産の仮想通貨の1つであり、延安市に本拠地を構えるBinance(バイナンス)や、アメリカ本土のBit finex(ビットフィネックス)でも扱われたりしている上に、収益面での見返り額自体が大きいところが注目をされているaelfですが、実はビットコインをはじめとする従来型の通貨類での諸課題の解決が図られている仕様になっています。

1)スマートコントラクトの簡素化

今までの、1つだけでのブロックチェーンにおけるスマートコントラクトやそのデータを実行したりしていくのでは無くて、こうした仕組自体の分散化をしていますので、情報保護をしつつ、スムーズな取引が可能になっています。

2)拡張性の設置

マイニングの集中化やトランザクションの並列処理が可能なシステム構造の設定がなされており、このため、単一マイナー(マイニング<通貨の発屈>を行うユーザーの方)によるシステム上のパフォーマンスへの影響力を軽減化してありますので、中々な拡張性ある通貨仕様です。

3)アップデートや新機能の実装面での有利さ

同通貨では、アップデート面でのコミュニティにおける合意化が容易なシステムの構築がなされていますので、そうした点でも注目をされている通貨類の1つでもあります。

2. サイドチェーン・システムの採用

今話した1.の段落内で話した1).から3).までの諸システムや構造条件などの他に、独自のサイドチェーン・システムといったものが採用をされています。

通常のビットコインなどをはじめとする通貨類では、メインのもののみからなるブロックチェーン構造からなる設定がしてあります。

しかし、aelfの方ではこれとは異なり、中央管理者(あるいは管理事業者)無しで自律をした稼働が可能であるブロックチェーン技術からなるシステムのDecentralized Applications(dApps)をサイドチェーン上で構築をして、機能の追加や変更、その他カスタマイズなどが出来るようなシステムです。このため、先に話した1.での1).から3).の諸課題が解決出来るようになっています。

これ自体は先の1.での1).の内容になりますが、スマートコントラクトの簡素化(単純化)そのものが、従来型の構造のものでは中々実現が出来なかったといった大きな課題がありました。

ところが、サイドチェーンのシステムを設ける事によって、そのリソース自体の分散化をしていく事により、メインチェーンへの負担が掛からないようになり、そのため、単純化が実現出来て同コントラクトが機能しやすいシステムの設定がしてあります。

また、1.の2).での拡張性の設置の場合ですが、サイドチェーンの設置をしていく事により、トランザクションからなるブロックの承認時間の変更や調整が出来るようになっていて、それで拡張性に育む通貨仕様という面があります。

3. エアドロップ・サービスについて

その他の仮想通貨類でも、それらに関しての公式サイト上で設定をされた何らかの形からなる条件をクリアして、通貨が無償提供がされるといった「エアドロップ」サービスを行っているところが少なくありません。

そして、現在のaelfでのエアドロップに関しての様子ですが、テレグラムへの会員登録で20ポイント、グループサポートでの認識が15ポイント、チャネルの指示に従うで20ポイントの、それらの3つの各条件を1日あたり合計で最高55ポイント取得をして5.0ELF台を目指していくような形になります。

この5ELF台が無償提供の額になりますので、この額を目指してユーザーであるみなさんは条件クリアを進めていくような流れです。

ただ、今年の4月上旬までは、ツイッターでのaelfのアカウントフォローで1回あたり20ポイント、RT・ツイート・お気に入りで1日あたり各10ポイント、合計50ポイントが先程のテレグラムでの55ポイントへ加えられるような形でした。

このように、時期によってはaelfのキャンペーン期間の有無などによって、クリアをしていける条件内容が変わる場合がありますので、こうしたエアドロップなども大いに利用していく価値があります。

今回の記事での結論について

以上で一通り、今回の海外仮想通貨種類の1つであるaelfに関しての全般的な概要になりますが、日本国内で開発をされたものとの違いなども確かにあります。

エアドロップのような無償提供サービスなどは、日本国内では中々無いので、これだけはやはり日本人であるユーザーの方も利用しないと損である事は間違いありません。

そして、ブロックチェーンの仕様などもサイドチェーンが設置をされて、このおかげで並列処理がし易い環境が整備をされて、安全な取引の場を確保をしていけるといった点でも、従来型の通貨類とは明かに異なる特徴でもあります。

こうした、中々将来的にも多くの注目出来るところが少なくない通貨種類でもありますので、これからも多くの世界中にいるユーザーの方に利用されていく可能性は、大いにあると考えられます。

スポンサーリンク