仮想通貨の「ビットコイン(BTC)」について

今回の記事では、サトシ・ナカモト氏なる日本人らしき人物により作成をされた金融関連論文に基付いて、2009年に一番最初に市場運用をされた仮想通貨にあたる「ビットコイン(bit coin)」に関しての全般的な内容について触れてあります。

現在までに至る、世に出されて以来、約9年間の年月が経つビットコインになりますが、同通貨種類を中心にして仮想通貨全体の相場が動いているような実態があるところは確かです。

こうした点を考えても、特に初心者である方などは、今回のビットコインに関しての内容を読みながら売買の参考にしていく価値が大いにあります。

1.ビットコインの基本的な仕組み

今話したサトシ・ナカモト氏による論文内容である電子工学理論に基付いて、幾つものブロックチェーンの繋がりからなり、それがネット上の仮想空間により構成をされているものが仮想通貨であり、そうした基本的な構造はビットコインもやはり、他の通貨類と同じです。

ただ、同コインの場合には、最初に仮想通貨市場や業界が作られたきっかけとしての要素的な存在であり、そのデータを基にして、その他の多くの通貨類が作られてきたといった、これまでの経緯があります。

そうした事情もあり、一番最初に作られた通貨種類という点で、新しい通貨の開発面や仮想通貨類全般の値動き、相場の指標となる汎用性が高い点が、とても注目をされている特徴でもあります。

最初に作られつつ、現在でも全ての通貨類の基軸類とされているところはやはり、それだけに重要な存在である事の証明といっても過言ではありません。

2.現在のビットコインの様子について

現在、2018年時点でのビットコインの日本円バージョンの場合、0.0001BTCで約83円前後という相場になっています。

つまり、1BTCあたり83万円という形になりますが、それでもビットコインキャッシュ(BCH)などと同じように、相場の値動きの上下が激しいので、長期トレードなどには向かないような感じもします。

実はこれにはきちんとした物理的な理由があり、それだけにまだまだ、世界中にいるビットコインの取引をしているユーザーが少ないといった理由があって、このため、ある一定の人数の取引きユーザーの方が取引行為をしたりした場合に、ただそれだけで相場が激しく動くといった、単純な実態があります。

こうした基本的な理由内容の実態はごく当たり前の事ですので、これからもっと取引利用をされていくユーザーの人間が増えていけば、その分相場も安定して取引がし易い環境も整えられたりしていく可能性も考えられます。

こうした実態はビットコインに限らず、同じように値動きが激しい傾向があるビットコインキャッシュその他の通貨類の場合でも同様ですので、これからそれなりにユーザーの方が増えていけば、安定をした値動きや上下の振り具合になっていく将来性は大いにあります。

ただ、今話した内容自体はあくまで一部分から見た予測に過ぎませんので、マイニングなどで多く採掘をされたりした場合には状況が変わることもあります。

3.現在の日本国内でのビットコイン取引きの状態

今の2.の段落内でも話したように、日本国内での仮想通貨取引を実際に行った際でも相場の上下が激しい現状があります。

事実、現在報告をされている調査会社による2017年度の結果内容でも、同国内では約60万人程度と発表がなされたりしていますので、こうした内容自体も世界中の総人口である60奥人近くの多さに比べると、ほんの少数である実態である事が分かります。

そして去年の年末の時点では、国内での時価総額自体は約28兆円前後であったとの報告がなされたりしていますが、それだけにやはり、国内でも普段の生活や自分達の将来に不安を感じていて、それでビットコインの取引をされたりする方なども少なく無いという取引ユーザーである方からの見解も少なくはありません。

具体的な実態自体は分かりませんが、それでもやはり、実際にも被用者で働いてきて過去に比べて給料や賞与が減った、事業をやっていて収益がどうも最近振るわなくなった、などという理由で仮想通貨取引を始めた方も少なくはありませんので、国内景気の如何などの事情は確かにあります。

4.これからのビットコインの将来の予測

今までの1.から3.までの各段落の内容を踏まえてみて、これからも引き続き、マイニングや新通貨開発、仮想通貨全体の値動き及び相場の指標にされていく事は間違いありません。

全ての通貨そのものがやはり、ビットコインから始まっていますので、こうした歴史的な経緯を踏まえてきた事情から、こうした点は断言出来るところが明らかにあります。

その上で、最近は特に、低コストで採掘作業が一私人・一個人単位でも可能なマイニング・システムの開発などもなされて、それが仮想通貨市場へ出されたりしているところもありますので、これなどもこれから更に改良をされて低コストで実現が可能になる事も考えられます。

このように、ただ単に取引システム面だけでは無くて、通貨採掘や新規開発などでの需要も、新しい形でなされていく期待もありますので、こうした面が今後も注目をされていく事は確かです。

<まとめ>

仮想通貨全体における相場の基軸としての存在がまさにビットコインであり、一番最初に開発をされた通貨種類の1つになりますが、そうした通貨だからこそ、その汎用性が高いといった良さがあるところは、今回の記事を読んで頂けるとよく分かります。

新規通貨の開発、マイニングなどももちろん、自ら仮想通貨取引所の運営や仕様環境の開発なども、コスト面での課題はありつつも従来の仕様のものよりもかなり、最新技術でありつつ低コスト化がなされていて、それなりの経済的・時間的な余裕がある方であれば可能になっていますので、そうしたそれらの作業面でもビットコインの存在は不可欠です。

このように、仮想通貨全般に関連した分野においては、ビットコインの存在というものは大変重要な位置を占めており、4.段落でも話したように将来的にも様々な面において、多くのサービスやシステムのあり方の指標になっていく事は疑いありません。

スポンサーリンク