ふるさと納税の概要について

今回の記事では、現在の国内各地も有名なあの「ふるさと納税」に関しての、大まかな全般的な内容について触れています。

基本的な同納税制度に関する知識・仕組み・様々な形や各地方においての納税方法の違い及び種類その他、多くの事について記述がしてあります。

そのため、全くの初心者である方、ある程度の納税経験とかがあるような方でも、問わず大いに参考にしていけるような構成になっていますので、イザという際には大いに活用していけるようになっています。

そしてこれは、今回の記事冒頭でありながらの余談になりますが、最近では特に、贈り物や土産物という形だけでは無くて、それら以外の各種サービスからなる形態のものなども出て来たりしていますので、商品性よりも利便性の面が重要視をされてきている傾向が多く見られます。

1.「ふるさと納税」という言葉の意義

まずはこの、「ふるさと納税」という言葉に関しての意義について、触れてみます。

この名前自体は、同納税制度自体が、自分が応援したいと考えている自治体や故郷である地などを対象にした納税システムであり、寄附による形態という、任意性が強い性格性のある内容から、こうした名称に決められた由来があります。

といっても、それ自体の納税方法や仕組みなども現在、最近では特に、様々な多くのものが存在していますので、中には単に、ふるさと納税という言葉だけでは片付けられないものなども考案をされて、世に出されているようなところもあります。

しかし、今話したように多くのバリエーションが発案をされたりして、世に出されたりしていく分だけ、同納税サービスの各利用者自身にとっての、多くの選択肢が増えていくというところで大いにメリットがあります。

そのため、そこの納税先である自治体だけでは無くて、その対象商品の送り先である対象者である方本人も得をする面も、中々充実をされているものが多いので、気配りをしていくという面でも、高評価であるものが少なくはありません。

・税金控除という面での評価が高いところ

やはり、このふるさと納税自体は、それを行うとその分の税金控除がなされるという点でも有名なところがありますが、意外にも正直、その詳しい内容や理由などに関しての理解をされている方が少ない現状があります。

そうした事情から、その原因や、それ自体が制度自体に関しての様々な形による理由から来ている事について、触れてみます。

一口に税金控除とはいっても、それ自体がふるさと納税をただしたというだけで認められるものでは無く、必ずその、納税サービス内容や種類それぞれ毎に、何らかの条件といったものが存在します。

現在のところ、確定申告により所得税からの還付あるいは住民税からの控除という形、そしてもう1つは、寄付をしてその上で寄付金受領証明書を納税先自治体から交付を受けて、更にそれを自分が、現時点に居るところの自治体に見せて、控除を受けるという形、これらの2つの形態からなる基本仕様になっています。

何れの形態のものにせよ、その納税証明書類を、居住地域にある市区町村自治体へ提出をして、その上で還付・控除を受けていくというような形ですので、同証明書の提出自体が、必須の条件になります。

2.寄附の形の場合での、「ワンステップ特例制度」の活用価値あり

これは寄附金の形態による納税サービスの場合において、年間においての寄附先が5つの自治体までの範囲内で、確定申告をしないままで寄附金控除が受けられるという、大変便利なふるさと納税での一サービスになります。

確定申告の場合、納税対象自治体の数は無制限ですが、申告をしていく際には申告書と納税証明書の両方の提出をして、その上で所得税からの還付と住民税からの控除という、両方の形になりますので、ある程度の時間が必要になります。

それに対して、ワンステップ特例制度の場合、寄附の都度毎に納税証明書を提出していく形ではあっても、その都度毎に住民税からの控除だけで済みますので、煩わしい手続きや日数なども掛らない点で、中々な評価があります。

そして、確定申告とワンステップ特例制度は同時利用が出来ない、完全な法的選択制になっていますので、その点を考えながら事前においての慎重な情報確認、制度自体の理解をしておく事が、とても大事です。

・基本的な、ふるさと納税のやり方

ここで実際の、基本的なふるさと納税のやり方に関しての内容に触れてみます。

一応、以上のように、ふるさと納税という名前の由来やその意義、基本的な現在の基本仕様・形態・納税後の申告などに関しての内容について触れましたので、そうした事情からここでそのやり方について触れていく事にします。

まずは、前にも少しだけ触れたように、一体どのような、形態や仕様からなる、ふるさと納税のサービスを利用していくかを検討していくために、情報確認をしていくという作業に取り掛かります。

この時点で、大まかなふるさと納税の制度や仕組み、種類その他に関しての理解をしていくという形にしていく事が、とても重要です。

それらの情報確認作業を完了して、その上で納税をしたいサービスを幾つか選択した後に、今度は、控除上限額に関して調べてみます。

そして、なるだけ納税完了後においての控除手続のシステムが便利なものや、先にも触れたワンステップ特例制度などを採用しているものを、選択したものの中から更に、絞り込んでいくようにします。

そして、納税を完了して、寄付金受領証明書とお礼の品を受け取るという形になるのが一般的ですが、システムによっては、完了次第で納税と控除の同時手続きがその場で完結をして、その上で受領証明書の交付が先になされるという、大変簡易化されたものなども存在しています。

本当に、最近のふるさと納税の形態ではそのような、かなり簡易化をされた手続きで完了が可能なものなども出て来たりしている様子です。

事実、こうした簡易化により、ふるさと納税に関しての知識が無い素人の方でも、利用がしやすい環境作りが推進をされてきている事には、間違いが無いと言えます。

<まとめ>

確かに納税方法の1つでもありますが、本当にそれぞれの全国各地にある自治体毎による創意工夫などが活かされているところが、間違いなく多くの利用者である方の中からも、支持者を集めてきた経緯がある制度という顔も、これにはあります。

事実として、様々な課題なども抱えていたりするものなども存在したりしてはいますが、控除や還付金だけでは無くて、お礼の品なども頂けたりするシステムになっています。

こうした面を考えても、この、ふるさと納税の制度サービスは大いに活用していく価値がありますので、中々、お勧めなものである事は確かです。

スポンサーリンク