ふるさと納税の種類について

この記事では基本的な、ふるさと納税の仕様・有名な各種サービス銘柄などに関しての記述内容になっています。

そのため、記述の全体像としては、具体的な構造・仕組みなどでは無くて、ごく一般的に、様々な場所や各メディアで見られたりするような、ふるさと納税の形に関しての全般的な内容を意識しています。

それでもやはり、一般的な形態でのふるさと納税についての記述がしてある流れになっていますので、全くの納税関連に関しての知識が皆無である初心者、あるいは、従来型の制度での納税経験がある方、それらを問わず、読まれていく分の価値が大いにある内容である事には間違いありません。

そうした面でも大いにお勧めしたい、今回の記事になります。

1.ごく基本的な、最近多く見られる傾向のある種類

これは最近にあたる、特に2010年代になってからの傾向と言えるものになります。

従来型であるものではサービス利用者自身による寄付という形で納税をして、その上で、見返りの商品であるお礼の品や納税証明書を寄附先である自治体から交付をされるような形態のものが多い傾向がありました。

しかし、最近である2010年代に入っては、こうした納税者本人であるサービス利用者への直接的なお礼という形では無くて、その利用者本人の選択によって、本人以外の第三者へのサービス・商品の提供という形でのものが、多く見られるようになってきています。

こうした、ふるさと納税でのサービスのあり方は、本当にありがたい仕様であるものと言えますが、日頃から親しい、何らかの形でお世話になっている方などへ、納税のお礼にあたる対象物を提供をしていく事が可能になるものという点でも、大変利用価値があるものである事は確かです。

お金を納税という形で行うための一市民生活サービスではあっても、それだけでは言い切れない、中々充実をした利便性には目を見張るところがあります。

2.中でも特に、利用価値が日常生活面で高い仕様である種類が多い傾向

納税者である利用者本人以外の方へ、納税の返礼品として商品・サービスを提供をしていくという、いわゆる『セレクト・タイプ』であるものが多い最近の様子ですが、ここでは特に、その中でも多いものについて触れてみます。

実際にも、サービスの形態でのセレクト・タイプであるものの中でも特に、リフォーム施工や建築物設置工事関連のものが、多いような感じが見られます。

実際にも社会的に、高齢化社会といった事情もあって、このような特に、リフォームや建築物設置関連のサービス種類のものを、返礼品として提供がなされるタイプが少なくありませんので、こうした面も現在のこの日本社会の現状を象徴しているようなところも、窺えます。

そして、納税額自体も条件があり、各自治体毎によってもある程度の違いがありますが、数十万円あるいは数百万円規模もの、いわゆる高額納税などの場合、こうしたセレクト・タイプのものでの形態が多く見られます。

3.如何に、現時点での自分(達)に合うものを利用していけるかがポイント

今度は、いわゆる低所得者層である方が、こうしたふるさと納税でのサービスを利用していく上で、どのようなものを選んでいけるかについて、触れてみます。

前の2.の段落で話した、リフォーム・設置工事関連の内容である、一部のセレクト・タイプにあたるものは、やはり、高額所得者であるサービス利用者向きなところが、正直否めないところがあります。

それでは、低所得者層であるサービス利用者である方の場合、どうしても従来型である、低額納税タイプであるものを利用していく形となります。

ただ、そうした方の場合でも、最近のものとしては、ワンステップ特例制度などのような、確定申告タイプでの手続き面での煩わしさが無い、納税手続きと返礼品の交付とがその場で同時にされるという、簡易なシステムからなるものもあります。

そうした事情から、そのようなタイプであるものを選んで、利用をしていくという方法もあります。

要するに、如何に、現時点での自分(達)の経済事情や境遇での実態に沿うものを利用していけるかが、大きなポイントになってくるものと考えられます。

4.一体、何のために納税をするのかを考える事の大切さ

お金を出して、何らかの見返りを楽しみにされるという方が、やはり、ふるさと納税のサービス利用者では大半であるという実態があります。

これ自体は、大抵の方が持たれている傾向のある、利用者層としてのあり方であると考えられます。

しかし、よく考えてみるとこれ自体は、ふるさと納税を実際に利用をされる、納税者としての立場で寄付をされる方自身による、気持ちの問題という面もある事が分かります。

つまり、このサービスの利用をしていく上では、

「一体、何のために、こうした形での納税をしていくのか。」

この点を考えていく事が、とても大切です。

実際にもふるさと納税での寄付をして、その返礼品である商品やサービスを第三者である方へ送ったりする際に、本当にその方本人が喜ぶものなのか、そして、その本人が好きなものは何なのか、という事について、何らかの形で事前に調べたりする事は、その方に対しての気配りといった面でも、大いに意義があります。

こうした面での確認の仕方は、とても重要と言えます。

<まとめ>

本当に多くの批評があり、様々な課題なども抱えているような、現在のふるさと納税に関しての実態というものがあります。

そうした一方、前にも話した簡易なシステムである、ワンステップ特例制度などのような大変便利な、納税申込みをされる利用希望者である方に対しての、手続き面での面倒さなどが無いようなものなども考案をされて、市民サービスとして世に出されたりしている利便性の面での向上とかも見られたりします。

今のように話した実態が、現在のふるさと納税にはありますので、まだまだ、それなりの利便性の面での需要がある事には違いないと言えます。

スポンサーリンク