就学援助の所得基準額ってどれくらい?支給額はいくらくらいもらえるの?

就学援助は小学生・中学生を養護している人が受け取れる援助金です。

子供たちが楽しく勉強するために給食費や文具、教材などの費用を苦にが援助してくれるという制度なのですが、この制度を受けるためには所得がかかわってきます。

また、支給額も小学生、中学生、学年によっても違ってきます。

では、就学援助の所得基準額とはいくらくらいなのでしょうか。

また、就学援助制度でもらえる支給額はどれくらいあるのでしょうか。

詳しくご説明していきましょう。

<就学援助制度を受けるための所得基準額とは>

就学援助制度の所得基準額は全国の各地方自治体で違ってきますので一概にいくらということが言えません。

一番早いのはお住まいの地方自治体に確認をすることですが、目安があればわかりやすいと思いますのである程度の所得基準額の目安をご紹介しておきましょう。

まず、就学援助を受けるためには条件があり、「生活保護世帯」「児童扶養手当受給世帯」「所得基準額未満」「失業・入院など急に所得がなくなった時」となっています。

これも地方自治体で若干違うところはありますが、基本的には全国共通です。

ここで、生活程世帯と児童扶養手当受給世帯、失業や入院など急に所得がなくなった時という場合は所得を気にする必要はありません。

しかし、所得基準額未満で申請する場合は所得基準額がいくらなのかを知る必要があります。

では、兵庫県神戸市を例にとって基準額を見てみましょう。

2人世帯の場合…約176万円

3人世帯の場合…約223万円

4人世帯の場合…約266万円

5人世帯の場合…約304万円

6人世帯の場合…約361万円

7人世帯の場合…約412万円

8人世帯以降は1人増えるごとに約45万円を加算する

ただし、これは兵庫県神戸市の場合です。

東京都大田区の場合は2人世帯で基準額が約227万円ですから約50万円ほどの差が出ています。

ですのでお住まいの地方自治体に世帯数を伝え、所得基準額を確認した方が良いでしょう。

<就学援助で援助金が支給される内容>

では、就学援助の申請が受理されて援助金を受け取れるとなった場合、どのような項目で援助金が支給されるのでしょうか。

主な内容は教材や文具、給食費に関することですので、ほとんどがこの内容に当てはまります。

では、支給される内容を見てみましょう。

〇学用品費・通学用品費

〇校外活動費

〇新入学児童生徒学用品費

〇体操服費・水泳着費

〇宿泊を伴う校外活動費(参加者のみ)

〇修学旅行費(参加者のみ)

〇通学費(学校長が認めた者のみ)

〇自転車通学費(中学校のみで学校長が認めた者のみ)

〇体育実技用具費(中学校のみ)

〇給食費

〇医療費(対象の病気の児童のみ)

これだけの支給項目があり、年に数回決められた金額を支給してくれます。

これも各地方自治体で内容が異なることもありますのでそれぞれの地方自治体で確認しておきましょう。

<就学援助の支給額月は?>

就学援助の支給は年に数回に分けて支給されます。

基本的には年3回で修学旅行や宿泊を伴う校外活動があった時は都度支給となり、通学費や自転車通学費、体育実技用具費は年1回で3月ごろの支給となる自治体が多いようです。

年3回というのは、1回目が7月末か9月末、2回目が11月末、3回目が2月末となっていますが、この回数や月、日も各地方自治体で異なることもありますので確認しておきましょう。

<就学援助の支給額は?>

では、就学援助の支給額をご説明していきましょう。

ただし、これも各地方自治体によって違いますので大よその金額でご説明させていただきます。

〇学用品費・通学用品費

小学1年生→約12,000円前後

小学2~6年生→約14,000円前後

中学1年生→約23,000円前後

中学2、3年生→約25,000円前後

〇校外活動費

小学生→約2,000円前後

中学生→約3,000円前後

〇新入学児童生徒学用品費

小学1年生→約20,000円~40,000円前後

中学1年生→約23,000円~48,000円前後

〇体操服費・水泳着費

小学1年生→約5,000円前後

中学1年生→約6,000円前後

〇宿泊を伴う校外活動費

小学生(参加者のみ)→実施後支給(12月以降支給)

中学生(参加者のみ)→実施後支給(12月以降支給)

〇修学旅行費

小学生(参加者のみ)→実施後支給(12月以降支給)

中学生(参加者のみ)→実施後支給(12月以降支給)

〇通学費(学校長が認めた者のみ)→実費額支給(3月頃)

〇自転車通学費(中学生のみで学校長が認めた者のみ)→限度額の条件額を3月頃支給

〇体育実技用具費(中学校のみで中学1年の用具購入者)→実費額を3月頃支給

〇給食費

小学生→学校へ支給するので実質無料

中学生→学校へ支給するので実質無料(ミルク飲用者・給食申込者)

〇医療費(対象の病気の児童のみ)→医療圏の発行

これらの金額が年数回に分けて支給されます。

ただし、生活保護世帯は支給される項目が少なくなりますし、金額についても各地方自治体で確認する必要があります。

就学援助申請書にも支給額が書いてありますので、そちらを参考にする方法もあります。

<就学援助の所得基準額や支給額は物価にも左右される>

就学援助の所得基準額や支給額はそれぞれの地方自治体で物価や最低賃金なども違いますから金額が大幅に異なることがあります。

先程少しお話しましたが兵庫県神戸市と東京都大田区の基準額には約50万円の差がありました。

これは、東京都の最低賃金が全国でも最も高く時給932円ですが、兵庫県神戸市の最低賃金は819円と時給で100円以上の差がついています。

そのため所得の基準額も違いますし、支給される金額も違ってくるので必ず各地方自治体に確認しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク