5人家族で食費を最小限に抑えられる節約レシピ特集

食費を節約するには買い物の回数を減らすことと、何を作るかを考えて購入するより安い食材めがけて購入し、その食材からできる料理を作ることです。

また、もやしやキャベツ、玉ねぎは嵩増し対策になりますし、もやしに至っては価格が変動せず、とても安い食材ですので多くのレシピに加えることができます。

また、ドレッシングやホワイトソースなどのソース類は多めに作って作り置きしておくと良いでしょう。

そして、いくら節約だからと頑張りすぎるとイヤになってしまいますので、頑張りすぎないのも節約のコツです。

では、食費を節約できるレシピをご紹介しましょう。

<節約レシピ|食費>

◎もやしキャベツお好み焼き

お好み焼きは、生地の量を減らすととてもヘルシーな食べ物になります。

キャベツばかりではなくもやしを入れることでさらにカロリーダウンしますし、キャベツが高い時にはもやしが大活躍します。

また、生地をお好み焼きのように作っても良いのですが、広島焼風に生地を敷き、キャベツともやしを乗せ、少しの豚肉を乗せて、また生地をかけてひっくり返すとお好み焼きよりヘルシーになりますし、キャベツともやしの量を調整すると1枚でお腹いっぱいになります。

◎豆腐味噌ハンバーグ

ハンバーグの記事に豆腐を入れるだけでも肉の量を抑えることができるうえ、嵩増しになるので節約になります。

ひき肉も鶏ひき肉を使うことでさっぱりしますし安価です。

味付けは中華風の方が鶏ひき肉と豆腐の相性が良いので、鳥ガラスープの素やウェイパーなどを使うと良いでしょう。

味噌を少量入れることでさらに豆腐の味が引き立ち、中華風なのに和風が見えるという、とてもおいしいハンバーグができます。

◎超節約オムレツ

オムレツと聞くと玉ねぎやニンジンをみじん切りにしてと、作業工程が多く手間もかかります。

また、玉ねぎ、にんじん、ベーコン、スイートコーンなど使う食材も多いので食費も掛かり気味です。

そこで、ご紹介したいのが2つのオムレツです。

一つはミックスベジタブルを使ったオムレツと、もう一つはもやしとウィンナーで作るオムレツです。

ミックスベジタブルはニンジン、コーン、グリンピースなど色とりどりの食材が入っていますので見た目も良いですから、玉ねぎのみじん切りと、ウインナーの輪切を加えて卵で巻くだけで完成です。

ミックスベジタブルは100円冷凍食品でもありますし嵩増しができるのでオムレツ以外でも重宝します。

次にもやしとウィンナーのオムレツですがこれはとても簡単です。

ウィンナーを輪切にしてもやしと一緒に塩コショウで炒めます。

それを卵でくるっと巻くだけで完成です。

醤油とマヨネーズで食べると、とてもおいしいですしお腹いっぱいになります。

もやしはとても安い食材ですしヘルシーなので多めに作るとこれだけでお腹いっぱいになります。

◎鶏ムネ肉で柔らかチキン南蛮

鶏の胸肉はどうしても硬くなりがちでパサつくのでチキン南蛮に使わない人がいるかもしれませんが、実は調理師代で胸肉はとてもジューシーで柔らかくなるのです。

まず、鶏むね肉を適当な大きさに切ったら塩麹とマヨネーズ、砂糖、ヨーグルト、お酒と一緒に揉み込みにつけておきます。

塩麹がない時は塩でも構いません。

ヨーグルトやマヨネーズ、塩麹によりお肉がとても柔らかくなり、下味もつきます。

あとは片栗粉をまぶして鶏肉を揚げ、タルタルソースをかければ出来上がりです。

タルタルソースが作れる人は、自分で作る方が食費の節約になります。

◎意外とおいしい豚バラの天ぷら

豚バラを天ぷらにするというイメージがないと思いますが、天ぷらを嵩増しするには最適の材料です。

ただ、豚肉は脂が多いので、ポン酢で食べるとさっぱりしてとてもおいしくなります。

下味はお酒、醤油と塩コショウだけで揉み込んで寝かしておくだけでかまいません。

お酒を入れることで豚肉の臭みも消え、柔らかくなりますので揚げても硬くなりにくくなります。

天ぷらはエビや野菜というイメージ強いのですが、エビは高いですし、野菜も価格の変動があり天ぷらにすると費用がかかりぎみです。

ですが、豚肉を入れることで嵩増しになり、栄養素のバランスも良くなります。

◎豆苗と蒸し鶏の卵スープ

豆苗は一度キリではなく、使ったあとに水に浸しておくとまた生えてきますので使いまわしができます。

蒸し鶏を沸騰したお湯に入れ、豆苗を一緒に人に立ちさせたら鶏ガラスープとブラックペッパーで味付けをし、溶き卵を流し入れて最後にごま油で香りをつけます。

とても簡単にできるスープですし、蒸し鶏はささみを使いますので格安でおいしいスープを作ることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク