仮想通貨の「ライトコイン(LTC)」について

2011年の10月上旬に、ビットコイン(BTC)の足りない部分を補完していくための目的がある事も、ライトコイン(Litecoin:LTC)が開発をされた理由としてももちろんです。

それだけでは無くて、相場の上下具合や値動きなどが緩やかなで取引がし易い点で、一番人気があるアメリカ本土をはじめとして我が国日本・中国・韓国・台湾・ロシアその他、世界各国でも中々人気が出てきている点でも、注目を集めている通貨種類の1つになります。

ライトコインについてもっと詳しく知りたい、本格的なユーザーの人間として取引をしていきたい、などといった方には特に、役に立つ内容になっています。

1.ライトコインの基本知識

これは冒頭文部分でも少しだけ話しましたが、ビットコインの補助的通貨として開発をされたものですが、それだけに今から話す様々な優れた基本的な諸機能があり、そうした事情でも注目をされています。

まずは1ブロックあたりの生成速度がビットコインの4倍の速さがあり、そうした面で大変優れたトランザクション機能が備えられています。

いわゆる、取引記録が迅速になされる事を意味しますが、その分、送金なども他の通貨類よりも速く行う事も可能ですので、そうした点でも大変優れています。

次は、Segregated Witenss(Segwit)システムです。このシステムは、トランザクション中にある当事者同士間の取引署名部分を独自に、Witenss Commitmentという値に設定をして、その値の範囲でブロックへの書込みを行います。

同値自体は、変換前よりも容量が少ないため、トランザクションを1つあたりのブロックへ詰め込んでスケーラビリティなどのような分裂連鎖問題の解決なども効率よく行えるところで、とても評価が高い面があります。

3つ目は、ライトニングネットワークというシステムについてです。これは、少額決済分の記録をブロックチェーン以外の場所に一旦保管をし、しばらくの間の時間を経たら、当事者間を移動した通貨量をブロックチェーン記録するものになります。

これにより、ブロック毎に一々取引記録をしていく手間を省く事が出来ますので、ビットコインよりも速い取引の実現が可能になります。

こうしたこれらの3つからなる構造やシステムから、ライトコインが構成されている実態があります。

2.ライトコインの問題点

今の1.の段落内でも触れたように、ライトコインそのものはビットコインを補完していくという働きがある分、とても役に立つ仮想通貨種類の1つでもあります。

ただ、そうした少額決済がし易い分、一度にそれがなされていく分、多額からなるトランザクションを中継し、そこの中継管理人の方が資産が豊かな方に主導権を握られてしまうといった事態になり、そうした人々によって同コインの価格や値動きなどが操作を恣意的にされたりしてしまうという事も否定は出来ません。

ライトニングネットワークという、独自のシステムでの少額決済が容易という条件がある分、そこのトランザクションの中継管理人を利用していくといった形になりますので、そうした点で利用者ユーザーにとっての弱さといったところは確実にあります。

こうした事態を解決していくための方策なども、これからは必要になってきたりするところもありますが、これから真剣にライトコインを扱う利用者ユーザーはもちろんの事、同コインの起案者の方々も真剣に考えていかなくてはならない、これからの将来的な大きな課題といっても、決して過言ではありません。

3.ライトコインの値動きや相場の特徴について

最小値である0.01LTCあたりの換算額は現在のところ、日本円で約130円前後といった状況です。

そして、ビットコインやビットコインキャッシュ(BCH)などに比べてみても、対照的にチャート表上にある値動きの波の変化などの激しさなも無く、緩やかな値動きの様子ですので、そうした点では初心者の方や、中々ネット上でのシステムの扱いに慣れたりしていない方などにとっては、割と扱い易いところがある通貨種類でもあります。

値動きや相場の変化そのものが中々緩やかであり、長い目で売買のタイミングを測り易く、そのため長期トレードなどには最適な通貨という面もあります。

こうした点でも高度な取引・決済のタイミングでの技術も必要なところがあまり無いところからも、あのイーサリアム(ETH)などと同じく、初心者である利用者ユーザーの方には、大変お勧めです。

現物取引はもちろんの事、レバレッジ取引・決済でも値動きが似たような感じですので、そうした面ではビットコインやビットコインキャッシュなどよりも、扱い易い通貨類という面があります。

以上がライトコインに関しての全般的な概要の内容になります。

<まとめ>

ビットコインを元々補完していくための、サポート的な目的で作られた同じ開発者による通貨種類なだけあって、ライトニングネットワークという独自のシステムを用いて、それにより少額決済面での容易さという点では、中々優れた面があります。

その代わり、トランザクションの面での中継管理人のあり方などに問題があったりするところもありますが、それさえ解決出来さえすれば、改良をされていく事でこれからもっと構造・システム的にも充実した通貨になっていく可能性は、大いに考えられます。

相場や値動きなども中々緩やかであり、そのため初心者の方にも扱い易く、難しい売買のタイミングを計る高度な技術なども必要ありませんので、長期トレードには最適な通貨類の1つです。

スポンサーリンク