仮想通貨の「イーサリアム(ETH)」についての概要

今回の記事では、2013年にロシア系カナダ人であるヴァイタリック・ブリテン氏によって提唱された仮想通貨理論を基にして、イギリス人のガビン・ウッド氏が学術的整理がなされた構想を基に、作られた仮想通貨種類の1つになります。

取引相場や値動きなども、とてもゆっくりかつ緩やかであり、最小価値などもとても安価な故に収入が少ない方でも難なく購入・売買が可能な通貨ですので、そうした面について基本的な内容をこの記事では全般的な概要について触れています。

こうした事情から、これから仮想通貨取引をしたいと考えている方、本格的に仮想通貨の取引をしていきたい方などには、とてもお勧めな記事です。

1.ETHについての基本的な知識

ETH自体が実際に市場へ出されたプレ・セールの時期は、冒頭文で話したガビン・ウッド氏が学術的整理をした後にイーサリアム財団が同氏によりスイスで立ち上げられた直後の2014年になります。

それから翌年に、我が国日本でも市場で扱われるような形であり、それ以来現在までに至ります。

ただ、このイーサリアム財団自体は同通貨を通じてその価格や利用者ユーザーの方、その他の関係者などをがんじがらめに縛るような中央管理団体のような性格性はありません。

同財団はあくまで、ETH関連の開発者団体であり開発・メンテナンス面のみでの権限行使を行う組織です。

そのため、同通貨全般の絶対的な管理者といった存在ではありませんので、そうした点ではやはり、BTCなどと同じく利用者ユーザー本人の主体性が尊重されていますので、民主的な自立性がETHにおいては重要視されているため、安心な面があります。

また、ETHの場合「アプリケーション作成のためのプラットホーム」といった基本構造があり、「決済のためのシステム」を重視しているBTCやLTC(ライトコイン)などとは大きく異なります。

それらをはじめとする各種通貨類とは違い、更なる柔軟な自由さがある設計がなされていますので、幅が広い汎用性に育むアプリケーションの開発が可能になっています。

以上のような、ETHに関連する基本的な知識を理解しておけば、通常の取引だけでは無くて、レバレッジ取引・決済やマイニング、その他の開発行為などの面でも役に立ちますので、学んでおいて無駄な事はありません。

2.ETHの基本仕様について

先程の1.の段落の基本知識とは異なり、ここではETH自体の基本仕様について触れていきます。

ETHの通貨単位はETH(イーサ)になりますが、現在のところ、0.0001ETHあたりで日本円で約7円前後といった価格相場になります。

このような価格の安さがありますので、低所得層である方でも購入がし易いといった点でも評価が高く、人気がある通貨種類でもあります。

先にも話した通り、ETH自体はプラットホーム環境であり通貨を持ち、その上でブロックチェーン上で作成をされたアプリケーションを稼働させる際に、これ自体が用いられたりする場合もあります。

このような燃料的な利用をされたりする面からも、別な呼び名で「Gas(ガス)」などとも呼ばれたりしています。

実はこのガスという呼び方が実際になされたりしている、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)などをはじめとする仮想通貨用のウォレットなどもあります。

これらのような各ウォレットでは『ガス価格』の表示コーナーなどもあり、同価格のレベルが高ければ高い程、取引速度が速くなりますので、そうした面でもETHの所有量などはとても重要な場面も少なくはありません。

3.ETHの値動きの性格性

冒頭文の直ぐ後の写真は、とある仮想通貨取引所でのETHの様子を撮したものになります。同写真の下側に写っているチャート表にもありように、一見するとものすごい相場の落ち込みようのような感じもしますが、実は大した事態ではありません。

最小値が0.0001ETHあたり、約6、7円の日本円価格の相場であり、その上で51.300から51.200というほんの小さな値動きの面での変化に過ぎませんので、価格自体に大きな値下がりなどは無いような状態です。

これ自体は言い方を変えてみると、相場や値動きの変化が少ない、あるいは激しくない分だけに扱い易い面がありますので、LTCなどの場合と同じく、長期トレード向きの通貨である証明でもあります。

つまり、初心者や低所得者である方などにとっては、とても扱い易い通貨であるという証明でもありますので、そうした点を考慮をしてみると、このETHは「優しい仮想通貨」と定義出来ます。

社会的に立場の弱い方やコンピューター端末類の扱いに中々慣れない方にとっては、本当に優しいETHである事は断言出来るところは確かにあります。

今回の記事での結論

今回は、ETH(イーサリアム)に関しての全般的な概要についての記事でしたが、主要開発者であるガビン氏をはじめとする開発者である方もそうですが、同通貨の成立の基となる通貨理論を提唱をされたヴァイタリック氏も、中々な人物としての評価が高いところもあります。

やはりこれ自体は、ヴァイタリック氏自身が旧ソ連にあたるロシアの出身であり、幼い頃から育った社会保障などの公的な当時の制度などをヒントや参考にしつつ、僅かな元手であるお金さえあれば、世の中の多くの方が売買が可能な形である仮想通貨としての理論を作り上げたといった、根本的な理由があります。

最小値の0.0001ETHあたりの価格もとても安くて、仮想通貨所によっては手数料が低額あるいは無料で売買・送金なども行う事が可能な通貨でもありますので、そうした面でもこれからこのETHが大衆化をしていく可能性は大いにあります。

スポンサーリンク